Dream Theater A Dramatic Turn Of Events Tour

Dream Theater A Dramatic Turn Of Events Tour
2012/4/30 横浜アリーナ

マイキー最後となったサマソニ公演から約2年。
なるべくYouTubeなどを見ないようにして、マンジーニの
プレイの先入観を無い状態でライブに臨んだ。セットリストも見なかった。
そんなこんなで、なんか勝手に緊張していたが・・・。

会場に着くと、開場が30分押してるとかで、長蛇の列ができていた。
待っていても仕方がないのでとりあえず最後尾についた。
と、思ったら横浜アリーナとぐるっと一周させられ、しかも
入り口にたどり着いたときには普通に入場できるようになっていた。
ざけんなよクリマン。。。

メタルTシャツ着用率が低いなと思った。
先々週のArch Enemyはもっといたぞ。
それだけファンが一般化してるのか!?それとも単に高年齢化?


中に入るとグッズ売り場にも長蛇の列ができてた。
仕方なく並んでまってると、Tシャツもバンバン売れているようで
サイズがなくなっていた。4種類のうちの1種類はもうなかった。
とりあえず、ツアー日程の書かれたTシャツを購入し、席に急いだ。

ステージ向かって左側のDブロックだった。
前座のギターは眠くなるだけで要らなかった。

そして、遂に新生Dream Theaterのライブが始まる。。。
が、4曲目Surrounded まで音悪い。(-_-;;;
6:00のイントロで、ドラム・キーボードは良かったのに
ギターがデカイ、でかいよペトルーシ・・・。マイキーが居ないからって君は・・・。
いや、その後ベースがぶち壊していたことに気づいた。
あと、ドラムの反響音?Beneath the Surfaceのときのパーカッションの音が酷かった。

スクリーンの形が正面向きなのか、なにか映っているかわかりにくい。
マンジーニはあまりアピールがなかった。
ジョーダン単独のソロがなかったのは初では!?
MetropolisかTake The Timeが聞きたかった。
新作からBreaking All Illusionsが聞けたのは良かった。

Build Me Up, Break Me DownよりはLost Not Forgottenが聞きたかったなぁ。

全体的にアルバムに忠実に演奏されていた。
これはマイキーが居なくなった効果かな?
「あの」コーラスが無いのはまぁよかったかな。
ペトルーシのハモリが上手くなってたし!

でもマンジーニの存在感が思ったよりなくて残念。
バンドアンサンブルも相変わらずときどき危なっかしい。
鉄壁のアンサンブルを見せるバンドが増えてきた現在、もうDream Theaterに
期待するのは限界かな。彼らももう年だし。

A Fortune In Liesをやってるときに、オリジナルのメンバーは2人しか
居ないんだよなぁとなんか感慨深くなってしまった。

ラブリエも触れていたが「Images & Words」ツアーから20年経つんだね。
マイキーが居たら「I&W完全再現」とかどっかの会場でやってたろうなぁ、なんて考えてしまった。
マイキーの脱退には賛成派だったけど、少々寂しくもあったの事実。


「I&W」ツアーから見続けて来たが、次回の来日は行かないかもなぁ。

そういや「We shall return」みたいなこと言ってたような。
LOUD PARKに出るのかな!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック